2018年10月16日火曜日

観察支援ツールFish Watchrを実習に試験的導入!

日本語教育実践領域では、昨日の教育実習で、観察支援ツールFishWatchrを試験的に導入してみました。 

実習の観察者(院生と教員)は、実習を見ながら、自身のケータイのFishWatchr Miniから「フィードバック」「教材・教具」「教師の言語活動」「教師の非言語活動」の4項目に対し、「いいね!」「う~ん」とアノテーションをしていきます。 

実習後のクリティークでは、実習動画と観察者6人のアノテーションの結果を同画面で見ながら、自分のティーチングの振り返りをしてみました。
その後、実習におけるFishWatchrの可能性をめぐり、活発な意見交換が行われました。

今回の試験的実施にあたり、FishWatchrの開発者である国立国語研究所の山口昌也先生が、実習に参加してくださいました。 開発者の視点からの新鮮なご意見、そして予期せぬITトラブルまで解決して下さり、本当に有難うございました。


アノテーションの数を表したグラフ
実習動画と同期させ、データを読み解く
活発な話し合いが行われました。

国立国語研究所の山口昌也先生

**********

国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考、1月選考(2018.12.10 - 2019.1.12)、6月選考(2019.5.13 - 2019.5.24)の
年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。

2018年10月10日水曜日

第1回秋田市日本語教室勉強会が開催されました!

9日午前中、第1回秋田市日本語教室勉強会が開催されました。
この勉強会の企画・提案は、10期の荒井美帆さんです。 
荒井さんは、現在秋田市日本語教室の講師を勤めています。 春学期に履修したJLT619「多様化する社会における日本語教育」(嶋ちはる先生担当)の最終課題として、自分が関わる秋田市日本語教室の講師間の勉強会を企画しました。 

このたび、秋田市役所国際交流担当のみなさんの主催で、この勉強会が実現の運びとなりました。 秋田市日本語教室で教鞭をとる講師の皆さん10名中8名が参加したこの勉強会ですが、アンケートの結果、参加者の満足度も高かったようです。

院生の企画が、市役所の方に取り上げていただいたということは大変嬉しいことですね!!

勉強会で話す荒井さん


**********

国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考(2018.10.1~10.12)、1月選考、6月選考の年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。
 

実習報告論文集 第9号が完成しました!

日本語教育実践領域・9期生のアクションリサーチペーパーが掲載されている、実習報告論文集第9号が完成いたしました。 
論文集も、創刊以来9冊目となりました。 
本棚にイエローグリーンの背表紙がずらっと9冊並ぶと、それだけで院の歴史を感じます。 

残念ながら、来年の第10号をもって、紙版の論集は廃刊となりますが、ウェブ上ではこれからも院生のアクションリサーチを発信していきます。

引き続きよろしくお願いいたします。
 
実習報告論文集 弟9号

こちら(↓)がウェブ版の実習報告論文集のURLです。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/aiujltp/list/-char/ja


(編集委員の皆様、本当にお疲れ様でした。)
 

**********


国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考(2018.10.1~10.12)、1月選考、6月選考の年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。

2018年10月2日火曜日

エジプトの日本語教室より 8期深澤さん

現在、エジプト日本科学技術大学(エジプト・アレキサンドリア)で日本語を教えている、院修了生の深澤香さん(8期)から、下記のリンクが届きました

これは、CNNの「Middle East Looks East」という番組の映像です。 CNNがエジプト日本科学技術大学を訪れた際、深澤さんが教鞭をとる日本語教室が取材されました。 ちょうど14分45秒あたりで深澤さんが登場します。

ぜひご覧になって下さい。

********************************

1.↓日本語での番組概略紹介です。
CNNの日本と中東の多元的関係を探る番組 『Middle East Looks East』9月23日より放送開始; 30分総集編は929日放送)
 
2.↓CNNの番組そのものの映像です。
 
3.↓さすがCNN、ほかのメディアでもキャリーされ始めています。影響力が大きいです。
Japan’s soft power diplomacy at work in Egypt
 JICA Egypt Office received a team of reporters from CNN to cover JICA projects in Egypt which is planned to be aired within the coming week.
 The reporters visited the GEM, E-JUST and Borg Al Arab Airport.
  One of CNN reporters, Mr. John Defterios, published an analysis on Gulf News website article about Japan’s soft diplomacy in Egypt, highlighting JICA’s cooperation projects (GEM and E-JUST) with the Egyptian government to support development in the country.
For reading the full article, please check the following URL: https://m.gulfnews.com/business/analysis/japan-s-soft-power-diplomacy-at-work-in-egypt-1.2283206

**********

国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考(2018.10.1~10.12)、1月選考、6月選考の年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。

2018年9月22日土曜日

10期和田さんAIUリサーチウィークにポスター出展

国際教養大学L棟一階では、現在リサーチウィークと称し、本学の先生方の様々なリサーチポスターが並んでいます。

その中で、ただ一人院生のポスターが展示されています。 日本語教育実践領域10期和田結希さんのポスター「共有ラウンジを『学び』の場に」です。
和田さんは、昨年一年間、嶋ちはる先生(JLT)の指導の下、日本語ハウスの初代ハウスチューターの責務を担ってきました。 日本語ハウスの共有ラウンジを、いかにハウス居住者の学びの場に変えて行ったか。 ポスターは、一年間の和田さんの実践やアイディアから、努力や奮闘振りまでをまとめたものです。

みなさん、ぜひL棟に足を運び、ご覧になって下さい。


和田さんのポスター
10期 和田さん

**********

国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考(2018.10.1~10.12)、1月選考、6月選考の年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。

2018年9月12日水曜日

ギャップ・イヤー活動報告会がありました!

本日、11期のチー・リンさんのギャップ・イヤー報告会が行われました。 ギャップ・イヤー制度は、9月入学の日本語教育実践領域の制度を活かし、入学決定者が4月から8月までの間に自省的職業訓練考察をするコースです。

中国で日本語を教えていたチーさんは、自分が教えるクラスを使い、下記の活動テーマを設定し、活動を続け、月1度のレポートを提出してきました。 今日はその活動報告会です。

1)学生の主体性・学習意欲を引き出すための新しい授業スタイルの導入
2)自身の課題解決効果の検証

会場には、JLT教員、大学院10期生、11期生が集まり、チーさんの発表後は活発な質問が飛び交いました。


質問に答えるチーさん

**********

国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考(2018.10.1~10.12)、1月選考、6月選考の年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。

2018年9月11日火曜日

11期の歓迎会が行われました

9月1日の入学式も無事終わり、日本語教育実践領域に11期生9名が誕生しました。  
大学院での第1週めの授業を終えて迎えた9月7日(金曜日)、11期生の歓迎会が開かれました。
 
毎年恒例の院新入生歓迎会は、本学日本語プログラムの先生方と院生の「初顔合わせ」の場とも言えます。 場所は本学隣のサイクリング・ターミナルです。
 
先生方と先輩10期生に囲まれ、少々緊張の面持ちで自己紹介をする11期生を、みなさんは暖かく、ユーモアたっぷりに迎えてくださいました。
 
11期生もアットホームなプログラムの雰囲気に、ほっと安心したのではないでしょうか。 
これから授業見学などでお世話になる先生方、11期をよろしくお願いいたします。 
 
11期歓迎会


**********

国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考、1月選考、6月選考の年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。