2018年7月16日月曜日

牧野成一先生の講演会が開催されました。

7月14日(土)、国際教養大学において、プリンストン大学名誉教授・牧野成一先生の特別講演会&懇談会が開催されました。 これは本大学院日本語教育実践領域と秋田日本語教育研究会の共催によるものです。

演題は「言語と文学を結びつける文体論 - 夏目漱石の未完の小説『明暗』の場合 -」です。 

牧野先生は講演で、夏目漱石の『明暗』を完成させた、水村美苗の『続 明暗』(1990)の文体を分析し、漱石の文体を水村がどのように移し替えているかを発表されました。

講演会には、本大学院院生、JLT&JLPの教員、本学学部生の他、県外からの参加者も見受けられました。

本学における牧野先生の講演会は、今年で8回目となります。 

牧野 成一先生

**********

国際教養大学 専門職大学院 日本語教育実践領域に興味をお持ちの方:
下記のサイトをご覧ください。

募集日程は、10月選考、1月選考、6月選考の年3回です。 

Facebookは こちらのサイトになります。 ご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿